1,000円ビジネス(起業・副業)診断

仮想通貨 億り人 税金

この度は、守之助の「ビジネス診断」にお申込みいただきまして、誠にありあがとうございました。

まず、はじめに。
私は、お申込みをいただいて、とても嬉しく思っています。
その理由は、以下をお読みいただければ、きっとお分かりになると思います。
是非お付き合いください。

それでは、早速「診断スタート」しましょう!

今、この瞬間にわかること

さて、今回、お申込みいただいた時点でわかったことがあります。

1.あなたには、行動できるチカラがある!

2.あなたには、リスクを取れる強さがある!

のとても大切な2つの要件です。

 

「1」について

まず、「申し込む」という、その作業自体が出来ない方が多いのです。

これは別に「料金が発生する」云々の話とは関係ありません。

たとえ無料でも、たとえ自分でちょっと興味があっても、そのアクションが起こせないのです。

こういう方は、本当に多いのですが、「あなたは違う!」ということが、今ここでわかりました。

 

「2」について

その上に、です。

このメニューは「料金:1000円」と設定しています。

実は、これが相当に高いハードルなのです。

「たとえ1,000円でも払いたくない!」という方が、世の中の9割以上です。

逆に言えば、この時点で、あなたが上位10%以内の方だとわかるのです。

そして何より、この1,000円は、私に支払ってくださるつもりで申し込まれたものです。

当方としては、とてもとても嬉しく感じます。

それはすなわち、私を信用してくださったということですから!

 

【診 断】

【ただ1つの質問】

 

「あたなには、誰かに1,000円で売れるものがありますか?」

 

【条 件】
① ご自身の「私的所有物を売る」のは入りません。

例)メルカリで売る等。
※ 利益が1,000円取れ、継続できるようなものなら可

②「ほとんどボランティア」に相当するようなものもダメです。

例)丸1日、〇〇をやって1,000円等
※ あくまでもビジネスとして、継続できないと意味がありません。安くても「値引き」程度に抑える必要があります。

③ その他、投げ銭を乞うたり、ウソをついたりも認められません。

本気で診断効果を狙うのであれば・・・

ここで一旦、読むのをストップして、頭をグルグル回してください!

(ここで、考えないと「一瞬のヒラメキ」がなくなってしまうのです。)

考え中

brain03

 

【回答の選択肢】

A 1,000円で売れるものがあった!

B 売れるとは言い切れないが「なんとなく売れそう」な気がするものはある!

C 全くない・・・。

 

なぜ、「1,000円で売る」なのか

「1,000円を稼ぐ」

小さな金額だからといって、決してバカにしないでください。

最初の1,000円を稼げるということは、最低でも、次の「3つの大きな課題」をクリアしているということなんです。

 

1.何を売るのか

つまり、「商品」です。

これを決めるには「① 自分の得意技」か、売れるものを見つけ出す「② 着眼力」が必要ですよね。

この最初のハードルは、想像以上に高いのです。

 

「① 自分の得意技」とは

今の自分に得意なこと・できることを他人が1,000円で買ってくれるか、ということです。

「得意」だけでは、成り立ちません。

「需要」がなければ、売れないのです。

 

「② 着眼点」とは

「何を売るか」については、逆の発想もあります。

つまり、「まず初めに、売れそうなものを見つけてから、それを売るための力をつける」というやり方です。

一番理想的なのは、売れそうなもので、他人が仕入れにくいもの(地理的・人的関係に特殊性があるもの等)。

その他でも、「売れそうなものを作っているのに、販売が上手くない人」などの商品を売ってあげる等もありますね。

 

2.知ってもらうには

お客さんと「接点を持てる」というハードルをクリアしている必要があります。

事業者はそれを「広告費をかけて広告を打つ」(そして知ってもらう・欲しいと思ってもらう)という事でクリアしています。

スモール・ビジネス界では「(ブログ等)自分のメディアを持つ」などが代表的ですね。

もちろん、アナログな「リアルで売り込む!」も効果があります。

その際は、たとえば「きわめて印象的な名刺」等を作ると良いと思います。

ググってみてください。かなり面白いものがたくさんありますよ!

 

3.買ってもらうには

そして最後のハードルは「実際に買ってもらう」です。

先にお話したとおり、「世の中のほとんどの人は、たとえ1,000円でも、お金は払いたくない」んです。

その人達に、お金を払ってもいいと思ってもらうには、必要最低限の「マーケティング力」を備えていなければ、実現できません。

知ってもらったあとのもう1段高いハードル、それを「お客さんに超えさせるチカラ」といってもいいですね。

 

どうでしょう。「最初の1,000円を稼ぐ」ことの大変さをイメージしていただけたでしょうか。

この最初の3つのハードルが、想像以上に高いのです。

これを「インフラ作り」といいます。

どれが欠けても、商品は売れません。

逆に言えば、これを作ってしまえば、2,000円 ⇒ 3,000円・・・と増やしていくことは、そんなに難しくないのです。

ですので、たとえ苦労したとしても、これをクリアできれば、その後の展開はグッと楽になります。

最初の1歩は、「1人のお客さんに1,000円で売る」です。

1人

 

では、5人に売れたら?
⇒ 5,000円ですよね。

では、何か付加価値をつけて2,000円のものが5人に売れたら?
⇒10,000円になりました。

この時点で、スタートから10倍です!

では、さらに付加価値をつけて、3,000円のものを しかも10人なら?

10人

最初に比べて、かなり面積が大きくなりましたね。

商売ってこんな感じです。

最初の1,000円が、あなたの「コア」になるんです。

1,000円と聞いて、「そんなショボい金額を稼いでも意味ないし・・・」と思うのは、素人考えです。

本当の価値は、金額の大小にかかわらず、「売上を上げられるだけのインフラを作り上げた!」というところにあります。

そして同時に、それを作った経験は「知識・ノウハウ・世の中の法則に対する気付き」など、決して減らない「資産」となって、あなたの中に蓄積します。

なぜなら、実は、この全く何もないところからスタートした、0円→1,000円を稼ぐまでの努力は、
・100万円→200万円
・200万円→500万円
・500万円→1,000万円
と、それぞれ同じくらいだからです。

昔はアフィリエイト、最近はYouTubeなどで結構な収入を得ている方もいますね。

ただ、そんな方も、アフィリ収入以前の話として、直接販売ができるほどの何か(Note等でのノウハウ販売など)を持っていたはずです。

(そのレベルでなければ、アフィリ収入等を得るのは難しいですからね。)

でも、どうですか?

得意技をもう少し磨いて、「まずは1,000円!」にチャレンジしたくなりませんか?(笑)

ちなみに、今は3つのハードルでしたが、もう少し規模が大きくなると「同業者やライバル」、「世の中の流行」等、その次のハードル達が順番に並んでいます。

 

【参考回答】

【上記の選択肢について】

ということで、先程の問いに対する回答について、参考までにお話しします。

 

Aであったのなら

「商品の柱」となるものが、あるんですよね!

であれば、あとは「知ってもらう」「買ってもらう」をクリアすれば、副業規模でのロケットスタートが切れるはずです。

さあ、迷わず進みましょう!可能性はかなり高いです。チャレンジあるのみ!

 

Bであったなら

内的要因と外的要因が考えられます。

内的要因とは「自分では自信がない(でも、他人からはそうでないかもしれない)」というものです。

外的要因とは「自分では自信があるが、恐らく外の世界では受け入れられないだろう」という冷静な分析です。

いずれも、誰かに判断してもらうのがいいでしょう。

買うかどうかを判断するのは、あなたではなく、「それを欲しがる人」だからです。

 

Cであったなら

この場合も、「実はBの人」が結構混じっています。

経験上、特にサラリーマンの方は、「キチンとしたものでないと、売れるはずがない」という思い込みがあるからです。

深堀りした結果、「1,000円であれば売れるもの」をお持ちだった方はたくさんいます。

それでもない場合は、残念ながら、今はまだ時期尚早かと思います。

まずは、先程の「自分の得意技」を作るか、あるいは「売れるものを見つける」というところから、焦らず始めてみてください。

「今はない」=「将来もない」ではないんです。

そういう「眼」や「意識」を持ち続けると、しばらくしていろいろな事が見えてきますよ。

本項が「参考回答」なのは、あなたの「実際を拝見していないので、本当のところはわからない」からです。

私の言葉を鵜呑みにする必要はありません。

あくまでも(せいぜい)参考程度にとどめてください。

最終判断者は、あなた以外にはあり得ないんです。

 

ちなみに、仮想通貨については、皆さん目先の価格だけしか見てないですよね。

確かに価格は重要なんですけど、少なくとも「自分が上がると思って買った」のなら、もう、上がったことを前提に行動した方がいいと思うんです。

・自分の力が及ぶこと  と
・自分の力がおよばないこと を

きちんと分けて理解して(自分で相場を見た回数に比例して、価格が上がるというなら別ですけど)、

あとは、

・仮想通貨が上がった場合には ?
・残念ながら上がらなかった場合には ?

と、それぞれの場合で、自分の人生をどう変えていくか、に力を注いだ方がいいと思うんです。

でも、周りがそんな雰囲気のなのに、地に足をつけて、これをご覧になっているあなたは、本当に信頼に値する方だと思います。

 

もともと、法人での仮想通貨の節税効果は、個人の比ではありません。

その上で、たとえ多くなくても、他の収入が確保できれば、最高ですよね。

やり方の工夫は必要ですが、趣味でも遊びでも経費にできる可能性があります。

つまり、趣味を(活かして)仕事にすればいいのです。

ビジネスでは、大きな稼ぎはなくても、収支トントンで十分です。

それはつまり、タダで遊び尽くせるという事!

そうしているうちに、投資の分もガンガン増えてたら楽しくないですか?

そんな風に得た人脈は、きっと人生を今以上に有意義にしてくれます。

また、最高税率の低さが、キャッシュを貯めるのに寄与します。

極端な話、会社にキャッシュが2~3億円も貯まれば、もう売上なんて0でもいいんです。

節税で蓄えた会社のキャッシュから、まるで年金をもらうがごとく、給料を貰えばいいのです。

個人・法人の保有割合、ザックリ言えば、蓄財は個人、「将来、楽しんで使おう!」という分は、法人保有がいいという事ですね。

 

料金について

まず、お詫びいたします。

料金は、一切必要ございません。0円です!

はじめから料金をいただくつもりはありませんでした…(汗)

まるで騙すようなことになってしまい、申し訳ございません。

実は、冒頭部でお話しした通り、「1,000円を払っても良い」という心意気の方に、お話ししたかったのです。

「無料なら聞くけど、お金を払うんだったら聞かなくてもいいや。」

そんな方は、経験上、どっちにしろうまくいきません。

「タダの話」なんて、聞いても大して残らないですし、リスクが取れない人は、絶対に稼げません。

これは、「1,000円」というハードルを越えて来てくださるような方だけを選んでいる、とも言えます。

人を集めるだけが、マーケティングではありません。「フィルターをかける」、これもまた、マーケティングの一種です。

自分にとって「好ましくない顧客と接触しない」というのも(精神衛生上)、大切なことなのです(笑)

この料金の意味は、もう1つあります。

それは「あなたに、実際に1,000円でお買い上げいただいた」という事実です。

今、料金は不要と申し上げましたが、直前までは、1,000円をお支払いいただくつもりだったかと存じます。

(ですので、「売れた」にカウントしてよろしいかと思っております。)

私自身が1,000円で売れないのに、こんな話をしても、全く説得力がないですからね。

ただ、、もしこの話が少しでもお役に立てたのなら、LINEで、ご感想やコメントをいただけると励みになります。

また、Twitter(@morinosuke_A)のフォローもいただけたら、それこそ飛び跳ねて喜びます m(__)m

 

最後に

世の中は、「働きたくない」という方で溢れています。

特にサラリーマンの方は、「働くこと=長時間拘束・辛い・面白くない」というイメージしか持っていないですよね。

でもそれは、「今の自分」や「周りの人」がそうだからなんだと思います。

「絶対収入額の確保」という目的で働いていれば、当然そうなります。

そうではなくて、「充実した、意味ある時間を過ごすため」に目的を変化させれば、短い時間働く楽しい事をして働く自分が選んだ人達と一緒に働くなど、いくらでもバリエーションは作れます。
(但し、収入が第一優先でない分、多少貧乏する可能性も否定できませんが。笑)

世の中には「自分にとっての楽しい働き方が存在する」ということを知らないまま、人生を終えるのが、「その人にとっての最大の機会損失」だと、少なくとも私はそう思っています。

そんな中、ご自身の可能性を模索されているあなたには、敬意を表します。

是非、今後の人生が、より充実したものになりますよう、楽しんでいろいろ探してみてください。

この度は、本当にありがとうございました。

感謝

守之助

更新日:

Copyright© 感情と勘定いつか海上 , 2021 All Rights Reserved.