売上や収入

「保育園落ちた、日本死ね」がお金になる理由【ビジネスのネタ】

投稿日:

マーケティング「共通の敵」

毎日のニュースを見て、ただ「ふ~ん」なんて思っていては、お金は集まりません(笑)

ニュースネタはお金の泉です。(株をやっている方なら、よ~くご存知ですよね。)

ビジネスでも、それを上手に利用しているケースはたくさんあります。

 

社会問題を収入に繋げる

数年前に話題になった「保育園落ちた、日本死ね」という話を覚えてますか?

当時は「待機児童」が社会問題化していました。

業界では有名なエピソードですが、そのような保育園に落ちた人に届く「不承諾通知」に対して、「それ、1万円分で買い取ります!」 という名乗りをあげたキッズラインという会社があります。

この会社は、ベビーシッターや家事代行サービスを営む会社さんなのですが、絶妙なタイミングで、「あなたが受け取った"不承諾通知"とその"絶望感"をまるごと買い取る不承諾通知買取りキャンペーン」というものを張ったのです。

「1万円分」というのは、現金ではなく、サービス利用時に使える「ポイントで支払う」というものです。

不承諾通知書の画像ファイル送信のほか、ツイートやいいね、あるいはシェア等が応募条件となっていました。

また、「もれなく」ではなく、ある一定人数の「抽選」であったようです。

でも、お母さん方にしてみれば、もし保育園に入れなければ、退職を余儀なくされたり、望まない育休延長を強いられたり、収入が半減するなど、とてもマズイ状況に追い込まれますよね。

話題性とお母さんを味方につけたことで、印象の残り方はハンパではありません。
効果は絶大です。

たとえ抽選に漏れたとしても、つい利用してしまいますよね。

 

マーケティング的視点で解説

「共通の敵」を立てる

このような社会問題等を利用しているようなケース、業界では「共通の敵」を立てるといいます。

共通の敵を立てるということは、「私たちは仲間ですよ・同士ですよ」と言っているのと同じです。

つまり「連帯感」という強い結びつきが生まれ、それは自然に「信頼」という感情に変化していきます。

通常、ビジネス上の信頼を築くまでには、それなりの時間を要しますが、このように共通の敵を立てることで、その時間も一気に短縮できるのです。

しかも「保育園を落ちた方」ではなく、「不承諾通知書」という、より具体的かつ腹立たしい(?)名称を使う事で「あ、これは私宛てのメーセージだ」と思わせてしまうのです。

また、(これをビジネスと言ってしまったら怒られるかもしれませんが)いわゆる嫌韓問題などにおけるケント・ギルバート氏などもそのようなポジションをとっていますよね。

ホリエモン氏あたりも、ご本人の意識にかかわらず、そのスタンスだと思われているかもしれません。

 

「買取り」という表現

本件の上手いトコロは「買取り」という言葉を使っていることです。

例えば「今なら1万円分のポイントが付きます。」だったらどうでしょう?

あるいは、「1万円引きにします!」では?

どこでもやっている印象ですし、それではそれなりのお客さんの数しか見込めないでしょう。

「こんな(忌々しい)ものを買ってくれる!」
「お金がもらえる!」

そう感じさせることができますね。

「よりお得感を感じてもらうため」に、1歩先まで考えた秀逸な表現です。

 

SNS上での拡散

SNS上でのシェアも条件にしていましたね。

このような共感を呼ぶ内容であれば、ある程度のバイラルが発生していたことが想像できます。

「お客さんをセールスマンとして、上手に使っている」ということです。

 

ビジネス形態が準サブスクリプション

サブスクリプション(通称サブスク)はご存知ですか?

継続課金とか定額サービスとかの総称ですが、一定額で継続的にサービスを受けられるビジネス形態です。

簡単に言えば、今であれば「見放題・聴き放題」、昔からなら家賃、税理士顧問料などです。

(わざわざ横文字で表現するほどのものでもありませんよね~。)

まず、ベビーシッターというのは、子供が小さいうちなら、それだけで常に利用可能性があるわけです。

しかも、本件の場合は「保育園に落ちた人」ですから、継続的に利用されるケースがかなり見込めます。

であれば、1万円程度を値引きしたところで、一定期間利用してくれれば十分利益が出ますし、そもそも抽選(数量限定)なので、それ以外の利用者を呼び込めた場合には、もうウハウハです(笑)

下手な広告費よりもよほど効率が良いことがお分かりになるでしょう。

 

まとめ

今回は、「共通の敵」+「創意工夫」の例を挙げました。

特に、「共通の敵」は、ビジネスに限らず、昔から利用されています。
(ヒトラーとユダヤ人など、枚挙にいとまがありません。)

Apple社の「MacやiPhone vs.それ以外」などのスタンスも、ユーザーに特別感や連帯感などを持たせ、メーカーや製品にコミットさせているわけです。

コインチェックのXEM流出事件時や、ICO詐欺などにおいて、ホルダーの団結をビジネス利用するシーンも目にしましたよね。

さて。こんな話を「面白い」と思った方。
意外にビジネス好きかもしれません(笑)

今、ビジネスを持っている方。
あなたのビジネスに「共通の敵」に成り得るものはありますか?

 

格安税理士

原価や経費 税金や節税

2020/1/6

【保存版】格安税理士の選び方マニュアル(守之助が本音で解説)

こんにちは、守之助です。 今回は業界に精通している私が、格安税理士について本音で解説します。 (※「格安税理士」とは、月額顧問料が1万円前後の税理士のことです。) 早速ですが、実は多くの方がこんな風に思っています。 「税理士はみんな同じ仕事をしている」 「だから料金は安いほうがいい」 税理士の仕事内容の詳細なんてご存知ないでしょうから、これは当然のことです。 ただ、この「勘違い」でトラブルが多発しているのも確か。 なので、以下でそのあたりの解説をしていきます。 税理士の仕事のイメージ 例えば、アウトドア・ ...

ReadMore

お金にまつわる大切な話

2019/11/13

価格設定の意図 ~ 必ずしも「買って下さい」とは思っていない理由

守之助です。 今回は、いわゆる「一般消費者」に該当する方に、事業者の視点の「価格設定」についてお話ししましょう。 価格設定、ビジネス界ではプライシングとも呼びます。 実は価格というのは、様々な目的をもって設定されています。 本稿ではその1つである、「対象者を絞る機能」について、以下で簡単にお話しします。 価格設定には目的がある 一般的に、価格の感じ方は「安い・普通・高い」の3種類ですが、これにはそれぞれの対象や意味があります。   ①安いと感じる場合 安い価格設定をする目的は、事業者が「シェア( ...

ReadMore

経費で泊まろう

お金にまつわる大切な話 売上や収入

2019/8/29

ビジネスで稼げば人生が変わる!踏み切れない最大の原因を打破!

「最大の敵」を打破できれば、勝率はドカンと上がる!最初は1,000万円目標でOK! 「ビジネスはしてみたいけど。。。」 この文の最後の部分。 「けど。。。」の後にどんな言葉が続きますか? いろいろな気持ちがあると思います。 とまどい・ためらい・不安などなど。 もっと収入が欲しい・稼ぎたいという気持ちは本心のハズです。 自由になるお金や時間があれば、海外旅行だって好きなように行けますし!(笑) (↑上の写真はマカオの豪華ホテルです。泊まってみたいですね。) 最初からそんなにハードルを上げず、まずは1,000 ...

ReadMore

仮想通貨のETF

税金や節税 仮想通貨(暗号資産)

2019/11/17

ADKホルダーが2019年 3Qに考えること

今回は「この第3四半期にETFが実現する」という前提で考えてみます。 実際にどうなるかはわかりませんし、特に目新しいこともないのですが、いくつかご質問をいただいたので、確認の意味でご覧いただければと思います。 「売却」となる場合 もはやホルダーさんには有名なこの図を引用します。 上の図で言えば「A」と「B」、これらは税務上はいずれも「売却」となります。 Aは「一旦ユーロにして、それからETFを取得」するケース。 また、Bは「直接、ETFと交換」するケースですね。 なお、これらの場合は日本円に換算して計算す ...

ReadMore

億り人で美女が30人

お金にまつわる大切な話 仮想通貨(暗号資産)

2019/5/5

仮想通貨で大金を掴んでも、簡単には幸せになれない理由

人は未経験のことをいきなり上手くこなせるほど賢くない 私を含めてこれは事実です。 言いたい事は「庶民が大金を掴む」というよりは「人は今まで経験したことのない事を、初回から上手くはこなせない」という事です。 これなら、同意していただけると思います。 また、過日、Twitter でこんなことをつぶやきました。 (これには、現経営者や過去に経営者であった方々から、速攻で「いいね」の反応をいただきました。ありがとうございますm(__)m) 本当に「わかる」という内容だからです。 「会社をたたむ」の部分、「過去に経 ...

ReadMore

Copyright© 『富』の解は感情と勘定 , 2020 All Rights Reserved.