お金にまつわる大切な話

時代は格差社会から切捨て社会へ ~ 加速する経済レース! 10年後の惨状を想定して、新たな収入源を確保すべき理由

更新日:

底辺層 格差社会

世界の経済レースは加速している!弱い会社は淘汰され、安穏と生きているサラリーマンは底辺を彷徨う時代へと突入

本当は、こんな脅かしみたいな記事は書きたくないのです。
でも、いよいよ世の中がヤバい雰囲気になってきたと感じませんか?

事業主の方。
こんな記事まで読んでくださるほどの方であれば、いろいろとお考えでしょうから特に心配はしていません。(呑気に構えている方、本当にヤバい方は、特段のアクションも起こしてないでしょうし。)

サラリーマンの方。
周りだけを見て「大丈夫!」と無理やり安心しようとしていませんか?
サラリーマンの平均収入は10年後にどうなっていると予想していますか?

恐らく、あなたの勘は正しいです。
社長さん達にはもう、仕事をやらない(できない)人を構っている余裕などないからです。

経営者は皆、かつてないほどの危機感を感じている

守之助は仕事柄、多くの社長さんとお話しさせていただきますが、皆さん本当に同じことを仰います。
それは「いつまで走れるかわからない」ということ。

経営者というのは、この世界の、特に経済においては先頭集団を形成している方々です。
イメージ的には、こんな感じです。

知識・経験・スキル・情報量。いずれも一般人の遥か先を行っています。

その方たちがこぞって上述のように言うのです。これは尋常ならざることと言えます。

 

なぜ、経営者が危機感を感じているのか

1.時代が進歩するスピードが加速度的に上がっている

特にテクノロジーの分野ではそれが顕著です。

AIの進歩や将来的な普及などについては、誰しもが感じていることと思います。
量子コンピュータの時代も、もうすぐそこまできています。

ただ、この程度なら私たち一般人でも知っていますが、本当に怖いのは、まだ呼び名すらついていない、これから生み出されようとしている新しい技術です。

巷間、シンギュラリティ(技術的特異点)が起こるのは2045年頃?なんて予想がされていますが、実際のところは誰にもわかりません。

何しろ、常人にはとても測りきれないほどの能力を持った世界のスーパーエリート達が、勝手に・好き放題にガンガン進歩させているのですから!

もはやイメージ的には、このレベルです。

相当なスピードで走っている経営者の方たちでさえ、一体先頭がどこにいるのか見えなくなっているのです。

世界のトップは、すでにブラックボックスと化している

世界のトップが今、何を考え・何をやっているのか。もはや想像すらできない状態です。

ただ、見えてはいなくても、確かに感じていることがあります。
それは「これだけ追いかけているのに、差が開く一方だ!」ということです。

経営者は皆、全力でトップを追いかけています。スタミナを気にして、ペース配分をしていられる状況にはありません。

「止まったが最後、そこで終わる…」そう肌で感じているからです。

 

2.巨大資本が世界を覆い尽くし、そう遠くない未来に日本も飲み込まれる可能性を感じている

今現在なら、GAFA(あるいはFANNG)と呼ばれる世界的な巨大企業です。
私達はもうGoogleやAmazonなしの生活なんて考えられないですよね。

そしてこれからは、アメリカだけでなく中国資本も脅威です。

例えば、EV(電気自動車)市場を牛耳られたら、トヨタでさえ、いつ飲み込まれてもおかしくない状況ですし、ドルの凋落が危惧されている中、世界的デジタル通貨や5Gの覇権を握られでもしたら、もう日本なんて中国資本に全て買われてしまいます。

金融の覇権、軍事の覇権、そして情報(AIやネット等)の覇権の行方。

もしかしたら10年後の日本は、「小日本省」として中国の観光地の一つになっているかもしれません。
(そんな事にはならないよ~、なんて思ってます?)

また、メディアではあまり報道はされませんが、別種の問題として「種子法廃止」や「農業競争力強化支援法成立」、「水道法改正」「入管法改正」など、着々と日本が侵食される環境が整えられていますし、当然ここにも外資が入り込んでくると予想できます。

※ これもかなり重要な事ので、ご存知ない方は絶対にググって入念に調べてください!(特にお子さんのいる方は!)

これら巨大資本の影響力が強まるスピードもまた、加速しているのです。

 

これからの時代、走らなければ切捨てられる

ヒドい表現ですみません。
でも、残念ながらそんな時代になります。

先にお話しした通り、もう経営陣には全く余裕がないのが現状です。

もっとわかり易くいえば、自分で走ろうとしない人間の面倒を見ている余裕などどこにもないのです。

もしあなたが社長で、全力疾走をしていたとしたら、いつまでもスタート地点で動かない社員を褒めておだてて何とかしようとするでしょうか?

今現在に比べれば、ひと昔前はまだ余裕があったので、社員教育や人材育成にも時間を割けました。しかし、もうそんな事をやっている余裕はありません。

仕事をしなくても、簡単にはクビにならない世の中ではありますが、だからこそ、成果を出さない人の給与額を極端に抑え込むことで、企業は生き残ろうとするでしょう。

今後は、給与基準や査定方法などを見直し、自ら動く人とそうでない人を「厳格に分けていく仕組み」が導入されるはずです。

10年後、仮に査定が低かったとしたら、一体年収はいくらになっているのか…

 

まとめ

楽観的に考えるのは、基本的には良いことです。

しかしそれは、現実から目を背けること・(他人任せで)なんとかなるだろうと思うこととは別の話です。

今は情報が溢れていますので、ちょっとググれば大抵のことはわかります。

「知ろうとしないやつにわざわざ教えるほど、世の中は親切じゃないだけさ」

これ、ホリエモン氏の言葉です。実にシュールですね。

悲しいことに、世の中は、あなたがどうなろうと大した興味は持っていません。

「動こうとしないやつをわざわざ助けるほど…」でもいいでしょう。

これには私も完全に同意します。
というより、残念ながら、動く気のない人をどうにか出来るほどの力はないのです。

でも動ける方なら、動いたほうがいいですよと提案します。
(実際、あなたの知らないところで、コッソリ動いている方がたくさんいるのを私は知っています。)

これからの時代、何もせずにジッと耐えているだけというのは、相当リスキーです。

今の20代の方々は、その空気感を肌で感じてますし、若いのでエネルギッシュに行動しています。

心配なのは、ガッツリ昭和の価値観で育てられた30代~40代の方ですね。

なまじ経験があり、それなりに昇給もしているので、簡単にはそれを捨てられないのです。

定年も延長されるでしょうし、そもそも、それまで今の会社が持つのかという問題もあります。

一方で、切捨てられる役割の人も、それはそれで社会が(養分として)必要としています。

好きな事・やりたい事で頑張って(収入を得て)みようと思うか、70歳の定年まで、苦痛ともいえる仕事を延々と続けるか。

どんな選択をするかは、各人の自由ですからね。

 

格安税理士

原価や経費 税金や節税

2020/1/6

【保存版】格安税理士の選び方マニュアル(守之助が本音で解説)

こんにちは、守之助です。 今回は業界に精通している私が、格安税理士について本音で解説します。 (※「格安税理士」とは、月額顧問料が1万円前後の税理士のことです。) 早速ですが、実は多くの方がこんな風に思っています。 「税理士はみんな同じ仕事をしている」 「だから料金は安いほうがいい」 税理士の仕事内容の詳細なんてご存知ないでしょうから、これは当然のことです。 ただ、この「勘違い」でトラブルが多発しているのも確か。 なので、以下でそのあたりの解説をしていきます。 税理士の仕事のイメージ 例えば、アウトドア・ ...

ReadMore

お金にまつわる大切な話

2019/11/13

価格設定の意図 ~ 必ずしも「買って下さい」とは思っていない理由

守之助です。 今回は、いわゆる「一般消費者」に該当する方に、事業者の視点の「価格設定」についてお話ししましょう。 価格設定、ビジネス界ではプライシングとも呼びます。 実は価格というのは、様々な目的をもって設定されています。 本稿ではその1つである、「対象者を絞る機能」について、以下で簡単にお話しします。 価格設定には目的がある 一般的に、価格の感じ方は「安い・普通・高い」の3種類ですが、これにはそれぞれの対象や意味があります。   ①安いと感じる場合 安い価格設定をする目的は、事業者が「シェア( ...

ReadMore

経費で泊まろう

お金にまつわる大切な話 売上や収入

2019/8/29

ビジネスで稼げば人生が変わる!踏み切れない最大の原因を打破!

「最大の敵」を打破できれば、勝率はドカンと上がる!最初は1,000万円目標でOK! 「ビジネスはしてみたいけど。。。」 この文の最後の部分。 「けど。。。」の後にどんな言葉が続きますか? いろいろな気持ちがあると思います。 とまどい・ためらい・不安などなど。 もっと収入が欲しい・稼ぎたいという気持ちは本心のハズです。 自由になるお金や時間があれば、海外旅行だって好きなように行けますし!(笑) (↑上の写真はマカオの豪華ホテルです。泊まってみたいですね。) 最初からそんなにハードルを上げず、まずは1,000 ...

ReadMore

仮想通貨のETF

税金や節税 仮想通貨(暗号資産)

2019/11/17

ADKホルダーが2019年 3Qに考えること

今回は「この第3四半期にETFが実現する」という前提で考えてみます。 実際にどうなるかはわかりませんし、特に目新しいこともないのですが、いくつかご質問をいただいたので、確認の意味でご覧いただければと思います。 「売却」となる場合 もはやホルダーさんには有名なこの図を引用します。 上の図で言えば「A」と「B」、これらは税務上はいずれも「売却」となります。 Aは「一旦ユーロにして、それからETFを取得」するケース。 また、Bは「直接、ETFと交換」するケースですね。 なお、これらの場合は日本円に換算して計算す ...

ReadMore

億り人で美女が30人

お金にまつわる大切な話 仮想通貨(暗号資産)

2019/5/5

仮想通貨で大金を掴んでも、簡単には幸せになれない理由

人は未経験のことをいきなり上手くこなせるほど賢くない 私を含めてこれは事実です。 言いたい事は「庶民が大金を掴む」というよりは「人は今まで経験したことのない事を、初回から上手くはこなせない」という事です。 これなら、同意していただけると思います。 また、過日、Twitter でこんなことをつぶやきました。 (これには、現経営者や過去に経営者であった方々から、速攻で「いいね」の反応をいただきました。ありがとうございますm(__)m) 本当に「わかる」という内容だからです。 「会社をたたむ」の部分、「過去に経 ...

ReadMore

Copyright© 『富』の解は感情と勘定 , 2020 All Rights Reserved.