原価や経費 税金や節税 仮想通貨(暗号資産)

ルブタンを経費にするには?【仮想通貨 de 法人化】

更新日:

暗号資産の法人化でルブタンを経費に

ルブタンを経費にするには

まず、これを見てください。かっこいいですよね。

仮想通貨マンなら、こんなカバンで颯爽と会社に行きたくないですか~?
もう女性にモテモテです(笑)

最初に、このカバンをテーマにしてみましょう。

仮想通貨で法人化 louboutin-bag

カバンの場合

ここで問題になるは、このカバンの値段です。

なぜ問題かと言えば、この値段のせいで、人によって・やり方によって、アウトになったりセーフになったりするからです。

ご覧の通り、お値段税込み 307,800円です。

このカバン、税金的には減価償却資産に該当します。

聞いたことがあるかもしれませんが、今現在の税制下では、30万円未満であれば「単年度で費用化」できます。

この制度を「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」(通称は、少額減価償却資産の特例や特例の30万償却等)といいます。

でも、あれれ???

金額が30万円を超えてますよね。

ポイントは消費税です。

このカバンを消費税抜きの金額にすれば、285,000円(今は8%)です。

先ほど「30万円未満なら、買ったその時に費用化できる」という話をしました。

この30万円は、「税抜経理をしている場合は、税抜きの金額で30万円を超えるか超えないかを判定」します。

例えば、「免税事業者」(そもそも消費税の納税義務のない会社や個人事業者)であれば、そもそも「税抜経理」という概念がないので、このカバンは1発で経費にはできないということです。

ちなみに、この「30万円の特例」は、年間合計で300万円までしか適用できません。

そして当然のことながら、法人化をするにしても、このカバンを事業に使っていなければなりません。

「通勤専用」じゃダメなんです。

その部分で少し工夫が必要です。

経費として認められるかどうか、確率的には60~90%程度が平均です。

そして、それ以上の節税対策が必要な場合は、また他の手も考えないと、ですね。

 

クツの場合

今度はクツ(ページトップのサムネ画像)をテーマにしてみましょう。

これを経費にできるか?

こちらは、基本的に「無理」です。

経費にできるのは、事業に関連するものだけなのです。

クツというのは、基本的には事業に関連しているとはみなされません。

個人的な物となります。

なので、クツは原則経費にできませんし、逆に言えば、社長さんなどで高いクツを履いている方は、個人のお金で買っているということです。

経費で認められる確率は、5%もないでしょう。

(逆に言えば、やりようによっては「なる」ということです。)

 

クリスチャン・ルブタンとは

クリスチャン・ルブタンと言えば、ご存知「レッド・ソール」。
( ↓ これです)

仮想通貨とルブタン

では、ルブタンについて簡単に。

ブランドについて

クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)は、フランス出身の同名のファッションデザイナーの制作による、1992年設立の女性向けの靴のブランド。
高級婦人靴のほか各種服飾雑貨を展開している。
モードへの挑戦とも取れる、スタッズ使いが特徴のブランドである。
主にハイヒールを専門に取り扱っており、高いヒールを特徴とする。
また、全ての靴の裏地が赤くデザインされているのが目立った特色となっている。
これは靴底に赤いマニキュアを「塗る」というルブタンの着想に基づくもので、“レッドソール”(赤い靴底)として知られている。

デザイナーについて

デザイナーを務める男性クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)は、1964年1月7日、家具職人の父親と専業主婦の母親のもとでフランスのパリに生まれた。
子どもの頃から婦人ファッションに興味を持っていた。

1979年にパリの街角を歩いていた折、国立アフリカ・オセアニア美術館の前で、観光客の女性に木製の床を傷つけないように注意する看板に気が付いた。
この看板が気になり、バックルで締め付け底がついた靴をデザインし始める。

10代の頃にこのタイプの靴の絵ばかり学校のノートに描いて長時間過ごしたことを認めている。
このラインの靴が後日デザイナーとしてのセールスポイントとなる。

靴のデザインに対する興味は常に尽きなかったものの、ファッション界に対する興味は当初はなかったという。
やがて、パリのダンスホールやパーティーに顔を出し始め、そこで女性たちに対し自作の靴を試してみるよう申し出るなどしていたものの、お金がないことを理由に大部分の女性から断られていたという。

1980年に有名ミュージックホールの「フォリー・ベルジェール」に職を得たのち、1982年から当時「クリスチャン・ディオール」の靴を制作していたシャルル・ジョルダンのもとに移り、「シャネル」や「イブ・サンローラン」などでフリーランスのインターンシップを経験、そして1992年、ルーブル美術館近くのアーケード街にブティックを開業、これがブランドの幕開けとなった。

出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』クリスチャン・ルブタン

 

どうです?ルブタン氏、楽しそうではないですか?

お読みいただいたとおり、「まずとにかく好きであること」「それを自分の思うままにやること」

結局、これが「成功」・「お金」・「充実」に繋がるんですね。

ふつふつと、ビジネスやりたくなってきませんか?(笑)

 

まとめ

<いつものお決まり>

個人の「雑所得」では、経費で落とせるものがほとんどありません。

というか、個人のままで仮想通貨をやり続けている時点で、「本気で節税したいと思っているわけではない」ということになってしまうんです。

一方で、「経費にして・節税して・人生も楽しみ尽くす!」、「個人分で蓄財・法人分は楽しむ!」。

仮想通貨での法人化は、そんな方たちにとっては、とても有用な方法です(^^♪

 

注意

<いつものお決まり>

税金の判断は、原則「個別判断」です。

個別判断というのは、たとえ同じことをしても、

「人によって・やり方によって、アウトになったりセーフになったりする」

ということです。

確率〇パーセントと書いてあっても、「全員一律に〇パーセントの可能性がある」という意味ではありません。

「100人の人がいたら、何人ぐらいがこれを達成できそうか」という意味です。

つまり、あなた1人に限っていえば「0 か 100 か」 しかないワケです。

上述のカバンの例での「平均確率で60~90%」等のように、確率の幅があるのは、「下手なやり方をすれば、認められない」からです。

0 になるのか 100 になるのか、あるいは、100 にするにはどうしたらいいか。

それは「事前の設計図」や「どういう理由付けをするか」で決まります。

キッチリと節税したいなら、キッチリとした作戦が必要になります。

 

格安税理士

原価や経費 税金や節税

2020/1/6

【保存版】格安税理士の選び方マニュアル(守之助が本音で解説)

こんにちは、守之助です。 今回は業界に精通している私が、格安税理士について本音で解説します。 (※「格安税理士」とは、月額顧問料が1万円前後の税理士のことです。) 早速ですが、実は多くの方がこんな風に思っています。 「税理士はみんな同じ仕事をしている」 「だから料金は安いほうがいい」 税理士の仕事内容の詳細なんてご存知ないでしょうから、これは当然のことです。 ただ、この「勘違い」でトラブルが多発しているのも確か。 なので、以下でそのあたりの解説をしていきます。 税理士の仕事のイメージ 例えば、アウトドア・ ...

ReadMore

お金にまつわる大切な話

2019/11/13

価格設定の意図 ~ 必ずしも「買って下さい」とは思っていない理由

守之助です。 今回は、いわゆる「一般消費者」に該当する方に、事業者の視点の「価格設定」についてお話ししましょう。 価格設定、ビジネス界ではプライシングとも呼びます。 実は価格というのは、様々な目的をもって設定されています。 本稿ではその1つである、「対象者を絞る機能」について、以下で簡単にお話しします。 価格設定には目的がある 一般的に、価格の感じ方は「安い・普通・高い」の3種類ですが、これにはそれぞれの対象や意味があります。   ①安いと感じる場合 安い価格設定をする目的は、事業者が「シェア( ...

ReadMore

経費で泊まろう

お金にまつわる大切な話 売上や収入

2019/8/29

ビジネスで稼げば人生が変わる!踏み切れない最大の原因を打破!

「最大の敵」を打破できれば、勝率はドカンと上がる!最初は1,000万円目標でOK! 「ビジネスはしてみたいけど。。。」 この文の最後の部分。 「けど。。。」の後にどんな言葉が続きますか? いろいろな気持ちがあると思います。 とまどい・ためらい・不安などなど。 もっと収入が欲しい・稼ぎたいという気持ちは本心のハズです。 自由になるお金や時間があれば、海外旅行だって好きなように行けますし!(笑) (↑上の写真はマカオの豪華ホテルです。泊まってみたいですね。) 最初からそんなにハードルを上げず、まずは1,000 ...

ReadMore

仮想通貨のETF

税金や節税 仮想通貨(暗号資産)

2019/11/17

ADKホルダーが2019年 3Qに考えること

今回は「この第3四半期にETFが実現する」という前提で考えてみます。 実際にどうなるかはわかりませんし、特に目新しいこともないのですが、いくつかご質問をいただいたので、確認の意味でご覧いただければと思います。 「売却」となる場合 もはやホルダーさんには有名なこの図を引用します。 上の図で言えば「A」と「B」、これらは税務上はいずれも「売却」となります。 Aは「一旦ユーロにして、それからETFを取得」するケース。 また、Bは「直接、ETFと交換」するケースですね。 なお、これらの場合は日本円に換算して計算す ...

ReadMore

億り人で美女が30人

お金にまつわる大切な話 仮想通貨(暗号資産)

2019/5/5

仮想通貨で大金を掴んでも、簡単には幸せになれない理由

人は未経験のことをいきなり上手くこなせるほど賢くない 私を含めてこれは事実です。 言いたい事は「庶民が大金を掴む」というよりは「人は今まで経験したことのない事を、初回から上手くはこなせない」という事です。 これなら、同意していただけると思います。 また、過日、Twitter でこんなことをつぶやきました。 (これには、現経営者や過去に経営者であった方々から、速攻で「いいね」の反応をいただきました。ありがとうございますm(__)m) 本当に「わかる」という内容だからです。 「会社をたたむ」の部分、「過去に経 ...

ReadMore

Copyright© 『富』の解は感情と勘定 , 2020 All Rights Reserved.