お金にまつわる大切な話

簡単な言葉の解釈1つが「自分の可能性を潰す」

更新日:

言葉の解釈を大切にしよう

言葉の解釈を間違えると「人生を損する・失敗する」

抽象的な言葉・単純な言葉ほど、実は奥が深かったり、解釈の幅があったりします。

そして大抵の人は、自分に都合のいいように解釈します。

でもそれが、自身の可能性を潰したり、妙な失敗に繋がったりします。

そんな例をいくつかみてみます。

等身大

この言葉、よく聞きますよね。
でも多くの方の受け止め方が、少し違うような気がします。

「無理しなくていいよ」「自然体でいいよ」
確かにそこは重要です。
でも、「常に無理しなくていい」という意味ではないのです。

この言葉は、「時には無理しろ!」って言ってます(笑)

この言葉が、一番言いたい事。
それは「自分の体の大きさを そしてその能力をフルに活かしきれ!」ということなんです。

もちろん、それをず~っと続けられるわけはありませんから、たまには休むことが必要です。

ただ、「ご自身が持っている本当の力を出し切らなければもったいない」「そうしない人は自分に対する優しさが足りない!」ということを伝えたい言葉です。

そして「等身大」ですから、「身体の大きさそのものをもっと大きくしていく」「それによって、さらに力が出せるようになる」そんなことも意味しています。
筋トレみたいなものですね。

「等身大」で余すことなく、自分の力を使い切っていますか?

 

地に足をつけて

この言葉は、上の「等身大」と非常に関わりがあります。

「地に足をつけて、〇〇。」

例えば、「地に足をつけて物事を考える」「地に足をつけて生活する」など、特にギャンブルや勝負事など、「一攫千金を狙うようなスケベ心」を諫める際によく使われる言葉です。

でも、先の等身大と同じです。

なにも地に「常にベッタリ」足をつけていなければいけない、ということではありません。

別に背伸びしてもいいんです。

地面に足がついてますよね。

もっと言えば、走っている時だって浮いてる瞬間はあります。
でも、地に足をつけなければ、推進力は得られません。

そんな意味でです。

つまり、「自分の力で」「自分の力の及ぶ範囲で」頑張ろうよ!という意味です。

逆の例。

では背伸びではなく「台」に乗っていたらどうでしょう。

確かに周りからは、より大きく見えますよね

でも、とても不安定です。

台が壊れたり蹴られたりしたら、落ちて転んでしまいます。
少しだけ横に移動したいと思った時も、一旦は降りなければなりません。

地に足をつけていれば(たとえ背伸びであっても)そういうことにはならないんです。

台の上は「化けの皮が剥がれ易い」とも言えますね(笑)

 

苦労は買ってでもしろ

この「苦労」という部分が、何を指しているのかが分からなければ、人生大損します(笑)

普通は、苦労 = 苦しいこと・辛いこと・嫌な事と考えます。
↓ ↓
当然、避けたいなぁ・やりたくないなぁ、そう思いますよね。

この苦労を 文字通りの「苦労」と捉えると、とんでもない事になります。

ブラック企業で毎日堪えているだけの人。
誰がどう考えても間違ってる労働環境で、耐えて働くなんて苦労は意味がありません。

だって、そこで歯を喰いしばりコメカミに青筋を立てながら、「ポジティブ思考!ポジティブ思考!」なんてブツブツ唱えていたら、ヤバくないですか?

そう、単純に苦労すれば良しということではないんです。

この場合の苦労というのは、「経験」を指しています。

どんなことでも、いいんです。

例えば、高校生の頃の文化祭では、何をやるかをみんなで決めますよね。
その時に、「なるべくラクなものがいい派」と「面白いこと・楽しいことをやろう派」に分かれると思います。

でも、楽しいことをやろうとすれば、結構大変な作業をする羽目になりますから、そこでみんな、心の葛藤があるわけです。

それでも、ポジティブ思考のクラスメイトが多ければ、みんなで頑張って楽しいことをやり遂げようよ!となりますよね。

そして、協力し合いながら、工夫し合いながら、無事に文化祭を成功させる。
その時に得られるもの全て、これが苦労です。

仕事でも同じです。
新しいことにチャレンジしようとすれば、当然苦労はありますが、その時に苦労と言う名の経験も得られるのです。

新しい知識が必要です。だから頑張ります。

新しい技術が必要かもしれません。だから頑張ります。

新たな人脈も必要でしょう。これも頑張ります。

それらが経験です。

その経験から、さらに副産物が得られます。
それをノウハウや知見と言ってもいいでしょう。

これが後々活きてくる事、そして、それが実際にどれぐらい自らの人生において重要なものであるかは、経験した人でないと分からないんです。

もちろん、全てがうまくいくわけではありませんが、それでも、うまくいかない方法を学んだというのも、これまた経験なのです。

この経験の量が、その人の魅力になります。新たな人を呼びます。
もちろん直接的にお金に変わる場合もあります。

「お金がなくなるから嫌だなぁ」と経験を避けていると、いわゆる「経験貧乏」になります。

経験貧乏は、実はお金の貧乏よりもはるかに危ない橋だということに気が付かなければ、一生腰が引けたまま、格差社会の餌食になってしまうんです。

苦労=経験、それは別の言葉で、

・プロフィール
・学歴
・スキル
・経歴
・資格

等とも表現されます。

呼び方は様々ですが、このようなものは、金銭的な資産とは別物なので、私は「経験資産」と呼んでいます。

この資産は、お金と違って使っても無くなりません。
(メンテやバージョンアップしないと陳腐化はします。)

というか、使うほどにお金を生みます(笑)

(この部分、「経験資産とは? ~「経験貧乏」の末路が「底辺層」となる理由」をお読みください。)

本来、お金を払って買う価値のある苦労ですが、なんと仕事を利用すれば、お金を払うどころか、逆に貰えて、なおかつ苦労(経験)もできる。

そう考えれば、どこに就職するか、どんな仕事をするかの選定が、いかに大切かもお分かりになると思います。

今の環境で、いい苦労が出来ていますか?
今の環境を無駄にしていませんか?

このご時世です。
決断に残されている時間は、そう長くはありません。

 

まとめ

こんな解釈は、「(表面上の)言葉をそのまま受け取る」と起こります。

表面的ではなく・単一の解釈にとどまらず、少しだけ「そのほかにどんな解釈があるかな?」と考えてみると、意外と面白いことに気が付きますし、自分で気付いたコトというのは、とても大事にするので「その後」が変わってきます。

冒頭で言いましたが、多くの場合、「自分に都合のいいように」解釈します。

そしてそれが、自身の可能性を潰したり、妙な失敗に繋がったりします。

これも本を読まなくなり、「知恵」よりも「情報」が重宝がられる時代の弊害なのかもしれません。

(本を読むっていうのはいいですよ。ネットなどより「行間」や「裏」が読めるようになります。)

是非、日頃から「身近な言葉の解釈例を複数考えてみる」という事をしてください。

きっと生活が変わります!(断言!)

 

格安税理士

原価や経費 税金や節税

2020/1/6

【保存版】格安税理士の選び方マニュアル(守之助が本音で解説)

こんにちは、守之助です。 今回は業界に精通している私が、格安税理士について本音で解説します。 (※「格安税理士」とは、月額顧問料が1万円前後の税理士のことです。) 早速ですが、実は多くの方がこんな風に思っています。 「税理士はみんな同じ仕事をしている」 「だから料金は安いほうがいい」 税理士の仕事内容の詳細なんてご存知ないでしょうから、これは当然のことです。 ただ、この「勘違い」でトラブルが多発しているのも確か。 なので、以下でそのあたりの解説をしていきます。 税理士の仕事のイメージ 例えば、アウトドア・ ...

ReadMore

お金にまつわる大切な話

2019/11/13

価格設定の意図 ~ 必ずしも「買って下さい」とは思っていない理由

守之助です。 今回は、いわゆる「一般消費者」に該当する方に、事業者の視点の「価格設定」についてお話ししましょう。 価格設定、ビジネス界ではプライシングとも呼びます。 実は価格というのは、様々な目的をもって設定されています。 本稿ではその1つである、「対象者を絞る機能」について、以下で簡単にお話しします。 価格設定には目的がある 一般的に、価格の感じ方は「安い・普通・高い」の3種類ですが、これにはそれぞれの対象や意味があります。   ①安いと感じる場合 安い価格設定をする目的は、事業者が「シェア( ...

ReadMore

経費で泊まろう

お金にまつわる大切な話 売上や収入

2019/8/29

ビジネスで稼げば人生が変わる!踏み切れない最大の原因を打破!

「最大の敵」を打破できれば、勝率はドカンと上がる!最初は1,000万円目標でOK! 「ビジネスはしてみたいけど。。。」 この文の最後の部分。 「けど。。。」の後にどんな言葉が続きますか? いろいろな気持ちがあると思います。 とまどい・ためらい・不安などなど。 もっと収入が欲しい・稼ぎたいという気持ちは本心のハズです。 自由になるお金や時間があれば、海外旅行だって好きなように行けますし!(笑) (↑上の写真はマカオの豪華ホテルです。泊まってみたいですね。) 最初からそんなにハードルを上げず、まずは1,000 ...

ReadMore

仮想通貨のETF

税金や節税 仮想通貨(暗号資産)

2019/11/17

ADKホルダーが2019年 3Qに考えること

今回は「この第3四半期にETFが実現する」という前提で考えてみます。 実際にどうなるかはわかりませんし、特に目新しいこともないのですが、いくつかご質問をいただいたので、確認の意味でご覧いただければと思います。 「売却」となる場合 もはやホルダーさんには有名なこの図を引用します。 上の図で言えば「A」と「B」、これらは税務上はいずれも「売却」となります。 Aは「一旦ユーロにして、それからETFを取得」するケース。 また、Bは「直接、ETFと交換」するケースですね。 なお、これらの場合は日本円に換算して計算す ...

ReadMore

億り人で美女が30人

お金にまつわる大切な話 仮想通貨(暗号資産)

2019/5/5

仮想通貨で大金を掴んでも、簡単には幸せになれない理由

人は未経験のことをいきなり上手くこなせるほど賢くない 私を含めてこれは事実です。 言いたい事は「庶民が大金を掴む」というよりは「人は今まで経験したことのない事を、初回から上手くはこなせない」という事です。 これなら、同意していただけると思います。 また、過日、Twitter でこんなことをつぶやきました。 (これには、現経営者や過去に経営者であった方々から、速攻で「いいね」の反応をいただきました。ありがとうございますm(__)m) 本当に「わかる」という内容だからです。 「会社をたたむ」の部分、「過去に経 ...

ReadMore

Copyright© 『富』の解は感情と勘定 , 2020 All Rights Reserved.